ポスティングチラシのデザインの重要ポイント

ポスティングチラシで重要となるデザインのポイントはいくつか挙げられます。ポイントを押さえてデザインする事により、反応率を上げることにつながるでしょう。

チラシのターゲット層の合わせたデザイン

重要ポイントの一つ目には、ターゲットとなる層と伝える内容を明確にする事が挙げられます。ターゲットによって伝える方法が変わってくるので、何を伝えればターゲットが興味を持つかどうかをしっかり考えることが重要です。伝えたい事をデザインの中に全て収めようとすると、内容に纏まりがなくなってしまいます。そのため誰に何を一番見て欲しいのか、知って欲しいのかを整理するようにしましょう。そして画像についても同じような事が言えます。同じぐらいの大きさの画像をいくつも載せても、どれを見て良いのか分からなくなってしまいます。それによりインパクトのないぼんやりとした印象のチラシになってしまうでしょう。例えば一番見てほしい画像を特に大きくすることによって、ターゲットの目に留まりやすくなります。まずはターゲットをしっかり設定し、そのターゲットに合ったポイントを押さえる事を心掛ける必要があります。

キャッチコピー

そしてひと目で刺さるロゴマークやキャッチコピーを作るという事も重要なポイントです。キャッチコピーはチラシの中でも一番初めに目に飛び込んでくる部分であり、そのキャッチコピーを工夫する事によって、少しでも長く見てもらえるチラシを作り出すことが出来るでしょう。キャッチコピーを考える際に重要となるのは、こちらもやはりターゲットと伝えたい内容を明確にする事が大切です。ターゲットを絞ってピンポイントでキャッチコピーを作り上げることによって、ターゲットが見た時に自分に向けた言葉だと感じてもらえます。

丁寧なデザインレイアウト

最後にレイアウトをしっかりと整理しましょう。どんなに良いキャッチコピーを使っても、好ましい画像を選んでも、パッと見た時に分かりにくい印象では見てもらう事はできません。レイアウトを整える際には、遠目から見てバランスがおかしくないかどうか、違和感はないかなど様々な方法で試してみましょう。