レタッチ・画像加工を行う時のコツ

ポスティングチラシ作りのコツ写真を撮るときは必ずしも理想としたものが撮れるわけではなく、後で画像を確認してレタッチしたりすることも必要です。その際にきれいな写真にするには画像の保存方式の大切で、JPEGではなくRAWで撮ることが重要です。RAWとは英語で生という意味であり、未加工な画像であることになります。写真を撮る時にカメラの設定をそのままにしていると、JPEGであることが多いので注意しましょう。またJPEGとはすでに色などがつけられている状態であるため、レタッチすると画像が荒くなったりしてノイズなども出てきます。そのためプロのレタッチャーなども、RAW画像で加工します。

RAW画像をレタッチする際に注意しなければいけないことが、彩度やコントラストなどの調整をやりすぎないという点です。彩度などを高くすれば色が強調されて目立つ画像になりますが、実際の物とは大きく異なるので違和感が出てきます。コントラストも同じで強くしすぎると違和感が出てしまい、綺麗な写真とはならないこともあります。そのためレタッチする際には、実物と大きく離れた色合いなどにならないよう注意しましょう。

実物を再現することだけがレタッチではない

しかし必ずしも実物と同じようなものが良いわけではなく、明るさを強調したり色合いを変化して楽しむことも大切です。そのような場合にはやりすぎないのではなく、逆にやりすぎてしまうことで新たな発見ができることもあります。ホワイトバランスは数値を小さくすれば青に近づき、大きくすれば赤に近づいていきます。朝焼けなどの画像で色味を変化させることで、幻想的な写真にすることも可能です。このようにレタッチすることで、様々な印象を与える写真にすることができるので、自分でどのような変化をするのか確認することが大切です。

カメラによってはJPEGでしか撮影できないものもあり、その場合はレタッチできる範囲が限られます。このようなことがあるので、RAWで撮れるカメラが大切になります。撮影した画像をレタッチして、自分が納得する写真に仕上げましょう。