ロゴデザインの作成ポイント!デザインで成功するロゴ制作

企業やショップなどにおいてロゴの存在は非常に重要です。ユーザーへの認知を深めると共に、記憶に残すことでリピーターを呼び込む働きもあります。多くの人に効果的に宣伝するための媒体としての役割も持つため、積極的に導入する価値のある要素です。効果的に作用するロゴデザインを作成するためには、まず理念やコンセプトなどが明確に伝わるデザインを意識することが大切です。無論、クライアントのセンスを第一に好き好きにロゴ制作を行うことも可能ですが、メッセージ効果を狙うのならば意味のあるデザインの方が有用なはずです。また、意味のあるロゴは愛着を持ちやすくなると共に、象徴として根付かせることで会社などの存在をより深く周知させていくことができます。様々な状況で使えるかどうかもポイントのひとつです。

ロゴは名刺や看板などに用いられる

名刺や看板などに用いるほか、ノベルティグッズなどに活用することもあるものですが、デザインによっては活用法が限定されてしまう恐れがあります。縮小すると細か過ぎて潰れて見えるようになったり、丸いところにプリントをする際にも崩れやすくなってしまうこともあるのです。汎用性のないデザインですと広がりを持たせにくく、使いどころが限られてしまうため、先々を見越した作成が求められます。色のチョイスにも気を配ったデザインも大切です。赤色や青色、黄色など、カラーによって与える影響は違っているため、どのような配色にするかで訴えかける力も左右されることがあるのです。例えば赤色ですとエネルギーに満ちた印象を与える一方、青色ですとクールで知的な印象を与えられます。このような色の持つ魔力を意識することで同じロゴでも違ったイメージを植え付けられます。

モノクロでも映えるロゴデザインが吉

なお、ロゴは必ずしもカラーで使われることばかりではありません。時にはモノクロで印刷がされることもありますが、そうしたケースのことも踏まえて考えることも必要です。もしもモノクロになることでデザイン性が損なわれるのならば、それはあまり良いロゴとは言えないでしょう。