ロゴデザインやロゴ制作の相場を理解してデザインの作成を相談しよう

ロゴデザインやロゴ制作を依頼する時には、きちんとどのようにして相場を考えていくのかということを理解しておく必要があります。基本的にロゴデザインやロゴ制作は、いきなり業者に対して作成を依頼するのではありません。事前にヒアリングなどの交渉が存在します。そこで相場の内訳を聞いて、その価格で納得できるのかどうかで依頼を行っていくことになります。ヒアリングでは、どのようなロゴデザインにするのかというコンセプトをデザイナーと交渉していくことが普通です。

ロゴデザインの予算や相場はどれくらい?

事前に予算を想定していたとしても、このヒアリングの結果によって相場が変わってしまう可能性もあります。お互いに納得をして、デザインの方向性が定まってようやく正しい相場を判断できるようになるわけです。そして、ヒアリングが終わった後にデザインの制作が行われることになります。ここで依頼人とデザイナーとの間で予算がどの程度になるのかということが具体的に話しも行われます。提案に関しては一つではなく複数存在することもありますので、その中からに予算に応じた提案を受け入れると良いです。またこういったデザイナーとのヒヤリングに関してはどのような業者に相談するかによって大きくなる傾向があります。

例えば、大手の会社に依頼するような場合には複数のデザイナーが存在しますので、デザイナーの代わりにコーディネーターが交渉の場に来ることがあります。反対にフリーランスなどでロゴデザインを担当している場合には、そのフリーランスと直接的に交渉することが多いです。この場合、予算の相場に関してもある程度融通が利く可能性があります。その代わりにクオリティ落ちてしまう可能性は否定できません。

ロゴ作成以外のサービス内容もチェック

また、デザインを依頼する時にはアフターケアとして修正がきちんとしてもらえるのかどうかということも確認しておく必要があります。自分が考えていた通りのデザインが納品されなかった場合には、デザイナーに修正をしてもらわないと意味がありません。ですから、提案された見積もりの中に修正をするための費用も含まれているのかということも検討しておく必要があります。