ロゴデザインが世界から無くならない理由

ロゴデザインの歴史2ロゴ(ロゴデザイン)は私たちの生活環境の中に当たり前に目に付きすぎて、あまり気にすることはありません。その由来やなじみが深くなった理由を改めて考えていきましょう。ロゴデザインとは今日では企業や継続的な事業活動、ときには個人が余にひろく知らしめるために用いられるシンボルやエンブレム・グラフィックなどを意味しています。ロゴには純粋にグラフィック要素のみで構成されているシンボルと、商品企業名などで出来ているロゴタイプに分類することができます。

ロゴデザインの歴史は古い

ロゴの歴史は古くメソポタミア文明が栄えた紀元前2300年に起源を持ち、その後は各種の硬貨への刻印などに波及していきますが、エポックメイキングになったのは産業革命の到来による広告産業の驚異的な成長にあると言って良いでしょう。18-19世紀には写真とリトグラフの広告手段への普及により表現そのものに革命的変化が訪れ、文字自体の意義も単なる情報伝達に止まらず、ポスターなどに使われる装飾的なタイプフェイスへと変貌を遂げていきました。同時代には芸術にも変化が起こり、古の物語を表現する手段としての「アート」から新興のブルジョワ階級の嗜好に適った「デザイン」が主流を占めるようになります。その後ヴィクトリア朝に隆盛を極めたタイポグラフィーに対抗し、19世紀後半には大量生産から職人の技術を取り戻す「アーツ・アンド・クラフト」運動が起こります。この運動により個人の作家性にも改めて注目が集まり、個性的なロゴデザインの誕生にもつながりました。

時代に合わせてデザインも徐々にシンプルに

時代は下がって1950年代にはヨーロッパを発火点にアメリカなどにおいて前衛美術運動が活発になり、「余計なものはないほうがいい」との思想が広まり数々のアーティストに刺激を与え今日に至っています。現在でも日々多くのロゴが誕生しています。なかには広く世界の人々の胸に刻まれたロゴデザインもあります。ただ、全てのロゴデザインに共通しているのは、目にした人々に言葉の壁を越えて訴求する共通言語としての意味合いを持っていることにあるといってよいでしょう。

ポスティングチラシのデザインの重要ポイント

ポスティングチラシで重要となるデザインのポイントはいくつか挙げられます。ポイントを押さえてデザインする事により、反応率を上げることにつながるでしょう。重要ポイントの一つ目には、ターゲットとなる層と伝える内容を明確にする事が挙げられます。ターゲットによって伝える方法が変わってくるので、何を伝えればターゲットが興味を持つかどうかをしっかり考えることが重要です。伝えたい事をデザインの中に全て収めようとすると、内容に纏まりがなくなってしまいます。そのため誰に何を一番見て欲しいのか、知って欲しいのかを整理するようにしましょう。

レタッチ・画像加工を行う時のコツ

写真を撮るときは必ずしも理想としたものが撮れるわけではなく、後で画像を確認してレタッチしたりすることも必要です。その際にきれいな写真にするには画像の保存方式の大切で、JPEGではなくRAWで撮ることが重要です。RAWとは英語で生という意味であり、未加工な画像であることになります。写真を撮る時にカメラの設定をそのままにしていると、JPEGであることが多いので注意しましょう。またJPEGとはすでに色などがつけられている状態であるため、レタッチすると画像が荒くなったりしてノイズなども出てきます。そのためプロのレタッチャーなども、RAW画像で加工します。

WEBサイトは起業前に準備しておこう

現在のビジネスでは、インターネットを活用するのが当たり前です。そのため起業後にWEBサイトを制作して、ビジネスに活用することを考えるでしょう。 しかしWEBサイトの制作は、短期間でできるものではありません。 制作するWEBサイトによって変りますが、少なくとも依頼した翌日に完成することはありません。依頼から完成までにある程度の期間が必要になるので、起業前に準備しておきましょう。 また起業前に準備しておけば、ビジネスチャンスを潰してしまうことがありません。起業前には異業種交流会や各種セミナーに参加して、人脈作りを行うでしょう。人脈作りをしていくときには名刺を交換しますが、そのときにWEBサイトを用意できていないと、相手に興味を持たれてもすぐに忘れ去られてしまいます。

グラフィックデザインを依頼するなら余裕を持って

グラフィックデザインは素人には考え出すことは難しいので、多くの場合、グラフィックデザイナーに依頼することになります。グラフィックデザイナーなら、すぐにデザインが施せるだろうから納期が短いだろうと考える人もいるかもしれませんが、依頼する場合には余裕をもって依頼する必要があります。グラフィックデザインの制作の流れとしては、まずはグラフィックデザイン会社へ問い合わせフォームや見積もりフォーム、電話などで問い合わせを行います。その際にできるだけ詳しい内容を知らせることで、その後の打ち合わせなどはスムーズに進むでしょう。